坐骨神経痛のことを知り、痛みを軽減しましょう

アルコールを取りすぎると坐骨神経痛に?

意外にも、坐骨神経痛とアルコールは関係している

アルコールは、適度に飲むことで、健康にとって良い影響をもたらしてくれることになります。しかし、アルコールの楽しみ方として、大量の飲むことが一般的になっている現代では、アルコールのメリットよりもデメリットのほうが、大きくなってしまっているでしょう。


このアルコールは、大量摂取を長期的に続けていると、内臓などに大きな負担をかけ、アルコールがないと生活できない体にしてしまうことになります。


同時に神経にも多大な影響を与えていき、非常に深刻な問題になってしまうことも多いのです。
そのため適量でコントロールをしていく、楽しめる飲酒というのがとても大切になっていきます。


アルコールの取りすぎは、坐骨神経痛にも大きく影響していきます。
神経痛に直接影響する要因としては、飲酒をした際に発生する「アセトアルデヒト」です。
この物質は、二日酔いの原因としても知られていますが、実は体の神経を刺激するような特徴も持っており、これによって、神経痛が発生してしまうこともあります。


坐骨神経痛痛に影響を与えてしまうことも当然考えられるでしょう。
二日酔いなどにならなくても、当然痛みが発生してしまう可能性はあるので、神経痛などがある人は、飲酒は控えたほうが良いでしょう。


次に血行という面から見ていきます。


お酒は適量であると体の血行の流れを良くしてくれます。そのため何も問題はありません。しかしこれが大量になってしまうと、血管の状態が悪くなります。


飲酒によって、肝臓が中性脂肪を作り出すだけではなく、交感神経が刺激され、血管が収縮していくことになります。これは、例えれば、狭い道路に大型のトラックが何台も通ろうとしている状況であり、血管の状態としては、決して良くありません。この血行不良が、坐骨神経痛の痛みを大きくする原因になってしまうこともあります。


適度な、飲酒であればこのような状態にはなりませんが、それでも個人的な因子によって痛みが出てきてしまうことはあります。


肥満であったり、もともと食生活が偏っているなど、何かしらの負の因子がある場合、少量のアルコール摂取でも痛みが出てきてしまう場合はあるでしょう。
日ごろからアルコールを摂取している人の場合、少量であるから大丈夫と思わず、アルコールを摂取しない日を作っておく必要があります。


坐骨神経痛は運動などによって予防をすることはできますが、アルコールをコントロールしていくことも立派な予防方法のひとつになることを忘れてはいけません。

坐骨神経痛治療に関するお勧め(PR)

坐骨神経痛治療NAVIかとう整骨院/カイロHARU治療院
全国の坐骨神経痛治療に適応可能な治療院を探せるサイトです。名古屋市西区にある整体院です。整骨院併設なので慢性症~急な症状までトータルサポートできます。栃木市の整体院です。全く痛くない施術で安全です。