坐骨神経痛のことを知り、痛みを軽減しましょう

坐骨神経痛を自分で緩和する方法

少し気になる程度の痛みの場合や腰痛予防のためのトレーニング

坐骨神経痛の程度が、軽い、少し気になる程度、腰痛の予防をしておきたい程度の人の場合、自分で坐骨神経痛をある程度コントロールすることが可能になります。


坐骨神経痛をなくしていく場合に、効果的なのは体幹筋を鍛えていくということです。
体幹筋というのは体を支える大切な筋肉であり、外見の見える筋肉ではなく、内部の見えない筋肉が多くなります。


通常筋トレとなると、見える筋肉を重点的に鍛えておきたくなってしまいますが、実は内部の見えない筋肉をしっかり鍛えたほうが、効率が良くなる傾向があります。


その理由としては、正しい姿勢を保てるようになり、筋肉をバランスよく使ってトレーニングができるようになるからです。


この体幹筋を鍛えていく専門的なトレーニングもあるものです。
ですが、このようなトレーニングでは負荷が大きすぎる人も出てくるでしょう。
そのような人は、姿勢を保つことを常に意識していくと良いでしょう。
姿勢を保つだけでも、体幹筋というのは積極的に機能していき、良い刺激になっていきます。
特に普段姿勢が悪い人は、正しい姿勢を保っていくだけで筋肉が疲れてしまうことすらあります。


自分で坐骨神経痛を緩和していく時、体幹筋を鍛えていくことは大切ですが、できれば全身の筋肉をバランスよく鍛えていくと良いでしょう。
全身の筋肉をバランスよく鍛えていくことで、体幹筋もしっかりと鍛えていくことができます。この際、ダンベルなど重いものを利用するよりは、自重を利用したトレーニングをしていったほうが良いでしょう。


重いダンベルなどであると、逆に体の多くの関節に負担をかけすぎてしまい、坐骨神経痛だけではなく、他の部位での関節痛を引き起こしてしまうこともあります。(ダンベルなどはある程度鍛えてから使っていくべきでしょう)


ただ、これらの自分での緩和方法は痛みがほとんどない、少し違和感を覚える、ちょっと様子がおかしいといった、極軽いレベルでの坐骨神経痛で効果的になります。


痛みが大きくある場合には、筋トレというのはやらないほうが良いでしょう。
より適切なストレッチなどを、専門家から習っておくべきです。


また日ごろからトレーニングをしている人は良いですが、普段、トレーニングをしていない人が、急にトレーニングを始めたり、慣れない運動をすると、トレーニングや運動のせいで、坐骨神経痛をひどくしてしまうこともあります。


無理をせず、軽い負荷から始めていくことが大切です。


また違和感が大きくなった、痛みが出てきた場合には、トレーニングをやめ、休息をとりながら様子を見ることをおすすめします。


症状が良くならない、悪化した場合は必ず医師に診てもらってください。


坐骨神経痛治療に関するお勧め(PR)

坐骨神経痛治療NAVIかとう整骨院/カイロHARU治療院
全国の坐骨神経痛治療に適応可能な治療院を探せるサイトです。名古屋市西区にある整体院です。整骨院併設なので慢性症~急な症状までトータルサポートできます。栃木市の整体院です。全く痛くない施術で安全です。