坐骨神経痛のことを知り、痛みを軽減しましょう

坐骨神経痛が起こるからだのメカニズム

坐骨神経というのは下肢に通っている大きな神経になります。
この神経が何かしらの原因で圧迫されたり、傷をつけられたりすると坐骨神経痛となります。


この坐骨神経痛というのは腰痛として扱われることが多いのですが、腰痛として扱ってしまうと症状の発見が遅くなったり、関心を示すことができなくなってしまうことがあります。

腰痛とあまりにも強く考えてしまうのではなく、神経に対する障害と考えておく必要があります。
神経に対する障害というのは、痛みや痺れだけではなく、多くの症状を見せてきます。


その中の代表的なものとしては


などになります。


この感覚の麻痺、筋機能の低下というのは非常に怖いものであり、下肢機能の低下を引き起こしてしまうこともあります。 つまり坐骨神経痛になることで、足の感覚がわからなくなってしまったり、常にちくちくとした痛みを感じたりし、日常生活に大きな支障をきたす可能性が出てくるのです。


また筋肉の機能低下によって、立位を取ることが難しくなったり、筋肉の使い方の偏りによって全身のバランスの崩れに陥ってしまうことになります。

神経によって力が入らなくなると、自分で力を入れているつもりでも、その信号がしっかり筋肉に伝わっていないので、実は筋肉をしっかり使っていないということも起こりえます。


このような時間が長期的に続くと、筋肉がやせ細っていったりなど外見の違いが出てくることもあります。


ただ、多くの場合、このような状態になる前に、痛みや、下肢に対する違和感によって気付けることになります。気付いた時に、適度な運動や対処をしていき、軽い症状で予防ができれば、日常生活に大きな支障をきたしてしまう可能性は低くなります。


機能低下による影響が強く出てくるか、痛みが強く出てくるかというのは個人差があります。痛みがないから大丈夫ということではないので、注意が必要です。


痺れというのも重要であり(多くの場合、しびれから痛みにつながっていきます)、悩み、常に気になってしまうくらい大きな痺れであれば、坐骨神経痛を疑い、しっかりと診断してもらう必要があるでしょう。


痛みを気にして、体を動かさない、運動をしない生活を長期に続けてしまうと、それが原因で肥満になってしまったり、筋肉の凝り固まりにつながってしまうこともあります。
そのため、少し様子を見ても痛みや違和感がなくならないのであれば、専門医師に診てもらうことは必須であると考えられます。

坐骨神経痛の治療記

きっかけは2012年度年末の大掃除。普段からの運動不足のせいか急な腰の痛みが走る。なんとか年内の受付に間に合うものの激痛の中検査は3時間にも及び最終的に坐骨神経痛だと診断された。

この大病院で私がもらったのは痛み止めの薬少々と湿布のみ。年が明け、正月休みが終わるも良くならず。仕方なしと思い別の東京の大病院へ駆け込むが対応は変わらず。都内で整骨院を探すも良い院が見つからず。藁にもすがる思いで頼ったのはインターネット検索。柏 整骨院に行ってみようと思う。

坐骨神経痛の芸能人といえば鈴木拓さん、出川哲朗といったお笑いの方やスポーツ選手が有名だが2013年になってからはまだ聞かない。年々減っているということだろうか。坐骨神経痛で有名な整体院が九州鹿児島にあるらしい。流石に遠いがゴットハンドと言われると悩む自分がいる。

追記1:ゴットハンドの整体先生が船橋にもいると聞いた。もはやこの痛みから解放してくれるのであれば誰でもいい、そんな気持ちである。

追記2:坐骨神経痛の権威田村 睦弘氏の本を購入した。図解をしていてわかりやすいが、よもや読書のために起き上がるのも辛い状況である。

2014年2月遂にアカデミーに参加した。坐骨神経痛に悩む患者29名が集まり談話会が開かれた。とても有意義な時間であったが、福岡 整体の先生が不参加だったことと会場の椅子が固く坐骨神経痛患者には辛いものだったのが残念である。しかしながら来月は九州でも開催があるとのことで心躍らせている。こんなにも詳しくなるとはあの日は思わなかったであろう。きっと完治まで続けるのであろうがこのままその筋を仕事にするのもありかもしれない。

坐骨神経痛治療アカデミーでは西宮 整体を推薦しよう。

坐骨神経痛治療に関するお勧め(PR)

坐骨神経痛治療NAVIかとう整骨院/カイロHARU治療院
全国の坐骨神経痛治療に適応可能な治療院を探せるサイトです。名古屋市西区にある整体院です。整骨院併設なので慢性症~急な症状までトータルサポートできます。栃木市の整体院です。全く痛くない施術で安全です。